インプラント治療

<メニューバーが表示されていない場合はここをクリックしてください>

インプラントとは?

歯科用インプラントとは、歯が抜けてしまった場所に人工の歯を植える技術です。歯の根があった歯ぐきの骨にチタンでできた人工歯根(インプラントフィクスチャー)を植えます。

植えたインプラントは通常3-6ヶ月で周囲の骨としっかり結合(オッセオインテグレーション)します。フィクスチャーの上にアバットメントと呼ばれる部分を連結し、その上に冠(上部構造)を接着します。

画像の上にカーソルを合わせてください  

従来の治療法との違い

歯が数本抜けてしまった場合
⇒⇒⇒
数本の歯が抜けてしまっているが、その両隣にしっかりした歯が残っている場合

治療法 ブリッジ 部分床義歯 インプラント
 
  両隣の歯を削って型をとる 型採りをして義歯を作る インプラントを植える
 
  冠をかぶせてつなぐ 両端の歯にばねをかけて装着 上部構造を装着
利点

固定式なので外れない
金属の冠は保険で作れる
金属の冠なら安価
比較的良く噛める

両隣の歯を削らない
保険で作れる
残っている歯が少なくても作れる

両隣の歯を削らない
両隣の歯に負担をかけない
固定式
強い力で噛める

欠点 両隣の歯を削る
両隣の歯に負担がかかる
白い冠にすると保険の適応外
歯の数が少ないと作れない

可撤式なので外れる
噛む力が弱い
両隣の歯に負担がかかる
ばねが見える

保険適応範囲外
埋め込み手術が必要
歯ぐきの骨が少ないと難しい

ページの先頭に戻る

すべての歯が抜けてしまった場合 


すべての歯が抜けてしまっている場合

治療法 総義歯 ボーンアンカードブリッジ
(インプラント)

TESLOX システム
(インプラント)

歯ぐきの準備
  抜歯後の治りをまって義歯の型採りをします 4−6本のインプラントを埋めて
アバットメントをとりつけます
4−6本のインプラントを埋めて
特殊鋼のキーパをつけます
 
  総義歯をセットします ボーンアンカードブリッジを
ねじで固定します。
総義歯に磁石を取り付け
磁力で義歯を固定します
利点 保険の適応をうけられる
簡単に外せる
清掃が簡単

固定式なのでよく噛める
歯ぐきに食い込んだりしない
奥歯の部分に骨がなくても可能

ずれにくいので良く噛める
簡単に外せる
清掃が簡単

欠点

固定源がないので動きやすい
硬いものは噛みにくい
厚みが大きいので違和感がある

清掃がやや難しい
インプラントの本数が必要
保険の適応範囲外
とくに粘つくもので浮き上がる
4本以上のインプラントが必要
保険の適応範囲外

ページの先頭に戻る

インプラント治療のステップバイステップ

コンサルテーション

検査準備

検査

説明

手術

経過観察

二次手術(2回法の場合)

プロビジョナルレストレーション

最終補綴

メンテナンス

ページの先頭に戻る <メニューバーが表示されていない場合はここをクリックしてください>