治療方針

<メニューバーが表示されていない場合はここをクリックしてください>

当院の治療方針(と言うと大げさですけれど)

治療より予防 − 治しても治してもまた虫歯? なぜ?

虫歯や歯周病は原因菌が特定されており、その予防法もはっきりしています。予防医学を軽視して虫歯や歯周病の治療を行っても、また再発するのは当たり前のことです。現在の虫歯や歯周病の状態があるのにはかならずその原因があります。まず、原因を取り除いてから治療を行うことが重要です。

そのため、当院では「初期治療」と呼ばれるステップを必ず行ってから個々の歯の治療を行います。初期治療にはブラッシングの指導、歯石の除去、動揺する歯の固定やかみ合わせの調整などが含まれます。

治療より説明 − 「はい、お口を開けてください。」 (今日は何をされるんだろう???)

虫歯や歯周病の予防のためにはご家庭でのお手入れが非常に重要です。現在のお口の中の状態、問題があればその原因、考えられる治療法などをはっきりと分かっていただいてから治療に入ります。

もちろん、説明を行うためには現在のお口の中の状態を把握していただく事が必要になりますので、虫歯のチェック、歯ぐきのチェック、デジタルカメラによる画像、デジタルレントゲン写真、口腔内カメラによる拡大画像などの検査を行った上で総合的な診断を行い、その結果を説明します。

また、鏡を使わずにお口の中を直接見ることはできません。歯科の治療が苦手と言われるひとつの原因は「何をされているのか分からないための恐怖心」があると思います。治療を行う前、そして治療後には必ず治療についての説明と治療の結果の説明を行います。

部分的な治療より全体を考えた治療 − 片手で拍手は出来ません

「かみ合わせ」ということを考えるとお口の機能は回転する2枚の歯車のように精密なバランスの上に成り立っています。不用意に一箇所を治療するとほかのバランスを崩して大きな問題を引き起こすこともまれではありません。すでに全体のかみ合わせのバランスが崩れている場合は部分的な治療ではなく全体的な治療を行うことによるメリットやデメリットについて説明をしてから治療を行います。

前田歯科医院での治療の進め方

 ほぼすべての患者さんについて以下のような手順で治療を行っております。

<メニューバーが表示されていない場合はここをクリックしてください>